私たちの体は、そとからの異物を防ぐために、免疫機能が備わっています。

しかし、さまざまなことが原因で免疫機能が異常を起こすことで、花粉や食物といった毒物のないものや異物、つまりアレルゲンが入ってくると、免疫細胞の一つであるリンパ球が反応し、異物を廃城するために抗体を作ります。

こうの抗体IGEという体内にある免疫機能を持つたんぱく質が構成する肥満細胞を作り出します。

この状態で、再び同じアレルゲンが入ってくると、アレルゲンはすぐに肥満細胞のIgEと結合し、肥満細胞はその刺激を受け取って、ヒスタミンなどの炎症物質をふやします。

ヒスタミンが大量に増えると、様々な組織に作用し、これが原因として「目のかゆみ、鼻水、じんま疹」など花粉症、アレルギー鼻炎などの原因になるわけですね。

アレロックの効果としては、このアレルゲンを抑えてくれます。ただし、完全に死滅するわけではなく、量を増やさないようにする役割があるために、服用すれば完全に治すわけではないということになります。
一番大切なのが、アレルゲンの増加をさっちし、事前に服用ををすること。そうすれば、花粉症やアレルギーに悩むことはありません。