花粉症やアレルギーをやわらげるためにアレロックを服用する人が多いと思いますが、副作用を利用する人もいるそうです。

「副作用」と聞くと悪いイメージが強いのですが、アレロックを服用することで、脳の神経に作用することで、どうしても眠気が襲ってきます。

これは抗ヒスタミン剤の特徴的な作用になります。
そのために、アレロックだけでなく、他のアレルギー鼻炎薬全てに言えることです。

脳の一部に作用することで、アレルギー症状を抑制することができます。

ただし、気をつけなくてはいけないのが、アレロックなど、アレルギー鼻炎薬や抗ヒスタミン剤を服用するときのタイミングです。

たとえば、車を運転する前に服用すると、睡眠効果の影響で、居眠り運転で大きな事故を起こしてしまう可能性があります。これは注意をしなくてはいけません。
アレロックは、病院による処方の他に、インターネットの通販を利用することでも、気軽に購入できます。病院の場合は、医師や薬剤師の細かな説明の後で、服用することができるために、差細の副作用は心配することはないと思いますが、通販で個人で購入する場合は、自己責任になるために、注意しなくてはいけません。

先程も話したように、車の運転には十二分に注意をすることが重要になります。