アレロックとフルメトロン点眼液の違い

2~4月の春の時期になると、空気中に細かい花粉が大量にまい、私の目や鼻の中に入り込み、イジワルをしてきます・・・。

目柱の異常なかゆみ、鼻水がダラダラと永遠に流れ続けてしまいます・・・。

そこで、花粉症やアレルギーの治療薬「アレロック」を服用します。
朝起きて1錠を服用することで、24時間効果を持続的に感じることができ、仕事中でも眠くならないのが良い所だと思います。

ただし、服用する人によっては、眠気が襲ってくるという人もいるために、まず気をつけなくてはいけないのが、車の運転ですね。かならず、運転前は服用しないこと。

もし、アレルギー性鼻炎薬を服用し眠気の悩みがあるなら、点眼薬もひとつの手段です。

あくまでも、目の痒みなどの炎症に対する効果になりますが、副作用は殆ど無いために、おすすめになるかもしれませんね。

目に起きた炎症を抑える点眼液タイプの副官皮膚ホルモン剤が含まれている「フルメトロン点眼液」。

花粉症による目の充血症状から、目の術後炎症に至るまで、幅広い炎症に対する効果が期待できます。副作用が少ない、安全性の高い目薬。

でも、短い期間に使うのなら問題はないとのことですが、フルメトロンはあくまでもフルメトロンはステロイドに部類されるために、長期間服用を続けていると、副作用が起こる可能性もあります。そのために、長い期間使う場合には注意しなくてはいけません。

あと、コンタクトレンズを使っている場合などにも、使用前にコンタクトを外してから、目に指すこと。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

 TOP