私が花粉症の悩みを改善するために服用しているのがアレロックの薬になります。

でも、こちらは国内の病院で処方される薬とは多少の違いが有り、通販で販売されているのはアレロックのジェネリック医薬品です。

昔と違い最近では、「ジェネリック医薬品」という名前を知らない人はいないのかもしれません。
テレビのCMや雑誌やネットなどでチラホラと聞いたり見かけたりするひともいるかと思います。

しかし、名前は知っても、詳しい理由まではわからない、、そんな人も多少はいるかと思います。
現に私も、恥ずかしながらアレロックのジェネリックを購入するまではまったく意味を知りませんでした・・・・。

30代目前の私、人生の中で何度か病院にお世話になり、何種類かの薬を使ったことありますが、その薬がジェネリックなのか?そうではないのか知らずにお金を払っていた。

簡単に言うと、ジェネリックとは、
先発医薬品の特許が満了した後に、後発品として販売される薬を「ジェネリック医薬品」といいます。

ようするに、「有効成分、分量、用法、用量、効果」が同じ薬ということになります。

たとえば、花粉症やアレルギー症状で病院の耳鼻科などで処方されるアレロック。こちらは先発品になりますが、ジェネリックが「アレニル」という医薬品名になります。

私が、通販で購入しているのもアレロックのジェネリック「アレニル」です。

ジェネリックは、開発費用は船舶血薬品に比べやすくすむ分、先発医薬品よりも安い価格で販売することができます。

アレロックの場合は1錠で約60円ほどで販売していますが、ジェネリックのアレニルは1錠で約40~50円の価格。

価格は安いのが、効果や成分用量、用法、用量は全く同じです。
っとなると、もし悩んでいる部分を改善するために使うときは、価格の安いジェネリックを購入したほうがコスト面を考えると効率的に利用できると思います。

もし、病院で薬を処方してもらうときも、担当の先生に、先発品か、ジェネリックかを問い合わせるだけでも、価格がかなり変わると思います。